drecari

結婚式パーティーや二次会のドレス・ワンピースのレンタルならdrecari(ドレカリ)

結婚式パーティーや二次会のドレス・ワンピースのレンタルならdrecari(ドレカリ)

Contents

特集

お悩み解消!!結婚式向け服装選びのポイント

結婚式の服装マナー~ドレスの選び方とよくあるお悩み

結婚式にゲストとして招待されたとき、多くの方が悩むのが服装。なぜなら結婚式にはドレスコード(服装のマナー)があるからです。特に近年は結婚式が多様化したためマナーにも変化があり、出席する結婚式によってドレスコードも大きく異なるようになりました。

とはいえ、どんなにカジュアルな結婚式だとしても、フォーマルな場に変わりはありません。ドレスやワンピースをはじめ、バッグや靴、アクセサリーなどの小物に至るまで、きちんと服装のマナーを抑えておかないと失礼になりますし、自分も恥ずかしい思いをすることに…。

ここでは、結婚式の服装の選び方と、服装に関するよくあるお悩みについてまとめました。初めて結婚式に参加する方も、何度か出席経験のある方も、結婚式の前に基本のドレスコード(服装のマナー)についておさらいしておきましょう。

結婚式の服装の基本マナーについて

結婚式の服装の基本マナーについて

結婚式にはドレスコード(服装のマナー)があります。時代や流行によって結婚式のスタイルも年々変化しているので、服装のマナーも昔に比べるとだいぶ緩やかになり多様化してきました。けれども以下のように、守るべき最低限の服装のマナー、というのは存在します。

  • 【結婚式でNGとされる服装のマナー】
  • ・花嫁と同じ白や、白に近い薄い色のドレスやワンピース
  • ・花嫁よりも目立つ派手なファッション
  • ・殺生をイメージさせるファーなどの毛皮や動物柄を取り入れたファッション
  • ・チャイナドレス、アオザイなどの民族衣装やリクルートスーツ
  • ・Tシャツやデニム、ニット素材などカジュアルすぎる服装
  • ・肩出しファッションや短いスカート丈など露出の多い服装、素足
  • ・つま先、踵が覆われたハイヒール以外の靴

ただし、リゾートウエディングの場合、特定の民族衣装はOKとされているなど例外もあります。カジュアルな結婚式では、白に近い色の小物、フェイクファーなどは以前に比べると気にされることが少なくなってきていますし、新郎新婦の意向や会場などによっても服装のマナーは違う、というのが現状です。また、出席者に親族や仕事関係者が多い場合はフォーマル(準礼装)、友人などプライベートの交友関係が多い場合はインフォーマル(略礼装)、という傾向もあります。ですので、服装に迷った場合は事前に出席する結婚式の会場や出席者、新郎新婦の意向などを確認しておくと安心です。

結婚式での洋装のドレスコード

結婚式での洋装のドレスコード

また、結婚式には礼服で出席するのが最低限のマナーです。洋装の礼服には主に3種類のドレスコードがあります。

【正礼装】

最も格式の高いフォーマルな服装。新郎新婦の父母、仲人、親族として出席する場合や、格式の高い結婚式場やホテルなどで結婚式が行われる時の装いです。昼の結婚式ではアフタヌーンドレス(光沢のないシンプルなワンピースなど)、夕方以降はイブニングドレス(ドレッシーで色鮮やかな光沢のあるもの)が一般的です。

【準礼装】

新郎新婦の親戚や友人、仕事関係者など、ゲストとして参列する場合のフォーマルな服装。招待状などに服装についての指定がないときのドレスコードで、「セミフォーマル」とも呼ばれます。無地のドレスが基本で、昼の結婚式ではセミアフタヌーンドレス(正礼装に流行や個性などを取り入れたもの)、夜はカクテルドレス(イブニングドレスを簡略化したもの。袖のないワンピースなど)が一般的。ツーピースもOKです。

【略礼装(平服)】

マナーにこだわらないカジュアルな結婚式や披露宴、2次会などのパーティーに出席するときの服装。準礼装よりさらに自由なスタイルです。ドレッシーなワンピースにボレロなどを合わせたスタイルやスーツが一般的。

季節によって結婚式のドレスは変えたほうがいいの?

3月~5月

3月~5月の春の結婚式におすすめのドレス
  • ・パステルカラーのドレスは春のお祝いの席にぴったり
  • ・シフォンなど薄手素材なので軽やかで柔らかい印象に

6月~8月

6月~8月の夏の結婚式におすすめのドレス""
  • ・夏の結婚式は涼し気なブルー系もおススメ
  • ・蒸し暑い暑い夏にも便利な袖つきドレス
  • ・サテン生地は汗地味が目立ちやすいので注意が必要

9月~11月

9月~11月の秋の結婚式におすすめのドレス
  • ・深みのあるグリーンのドレスで秋の装いに
  • ・小物は明るい色を合わせて明るく

12月~2月

12月~2月の冬の結婚式におおすすめのドレス
  • ・寒さが厳しくなる冬は厚手素材のドレスがおすすめ
  • ・ボルドーは冬に人気のカラーです

結婚式の多くは室内で行われるため、季節ごとに大きく変える必要はありません。ただ、日本には四季があるので、ドレスコード(服装のマナー)を抑えたうえで、その時の季節感を取り入れるとより素敵な印象に。季節感はドレスの素材や色で取り入れるのがポイントです。難しい場合は、ストールやボレロ、バッグやアクセサリーにアクセントとして取り入れて。

特に服装に気をつけたいのは夏と冬。夏は暑さの辛い時期ですが、過度な露出は厳禁です。また、フォーマルなシーンでは素足にサンダルはNGなので、足元のマナーにも気をつけます。冬は、冬定番のニットやリアルファー、ブーツなどがNGです。マナー違反にならない防寒対策を考えましょう。

季節別の服装のマナーやドレスの選び方についてはこちらの記事をご覧ください。

【季節別の服装】結婚式のパーティードレスやワンピースの選び方

年代ごとにドレスの特徴はあるの?

女性は年齢によって似合うドレスの色やデザイン、全体のコーディネートが変化します。年齢による明確なドレスコードはありませんが、年相応の装いをすることも大人の女性としてのマナーです。

一般的には、基本の服装のマナーを踏まえた上で、20代はカラフルでかわいらしさや華やかさのあるドレス、30代は華やかで上品なドレス、40代以降はシックでエレガントなドレス選びが基本です。また、次の項目でも説明しますが、年を重ねると結婚式に出席する時の立場の違いでドレスコードが変わることが増えるようになります。

年代ごとの服装のマナーやドレスの選び方についてはこちらの記事をご覧ください。

【年代別の服装】結婚式のパーティードレスやワンピースの選び方

出席する立場ごとに結婚式の服装は違うの?

友人として

友人の結婚式におすすめのドレス
  • ・お祝いの席に華を添えるような明るい色のドレス

受付として

結婚式受付としておすすめのドレス
  • ・受付を明るくするキレイな色のドレス
  • ・羽織はお辞儀をしても着崩れない、安定感のあるボレロ

スピーチとして

結婚式のスピーチにおすすめのドレス
  • ・前に出る役の場合は、晴れの日に相応しいカラードレスがオススメ
  • ・緊張しても落ち着いて話せるよう、羽織はストールより安定感のあるボレロが〇

親族として

結婚式親族におすすめのドレス
  • ・新郎新婦とともにゲストをお迎えする立場の親族は、控えめで落ち着いた衣装を
  • ・きちんと感UPのジャケット合わせ

出席する立場によってもドレスコードは違います。結婚式に参列するとき、様々な立場が考えられますが、まずはホスト(主催者側)かゲストかでドレスの格、色やデザインを考える必要があります。

また、新郎新婦との関係性によっても、選ぶべきパーティードレスは異なります。例えば、友人の結婚式では何歳であっても華やかな装いの方が喜ばれますし、親族として参列する場合は、もてなす側として20代でも控えめな装いがマナーとされることも。また、会社の先輩の結婚式の場合、一般的にはかしこまったフォーマルな服装をイメージしますが、業界によってはカジュアルが良しとされたり、ファッション性が重視されることもあるでしょう。出席する立場での服装は、最低限のマナーを守りながらもご自身のケースを考慮して決めるのがベストと言えそうです。

立場別の服装のマナーやドレスの選び方についてはこちらの記事をご覧ください。

【立場別の服装】結婚式のパーティードレスやワンピースの選び方

結婚式のドレスの不安はレンタルで解消!

結婚式ではフォーマルな服装がマスト。けれども実際には、フォーマルなだけでなく、それぞれの結婚式に合わせた装いが求められます。結婚式でのパーティードレスやコーディネートに不安がある方は、レンタルドレスを活用してみてはいかがでしょうか。レンタルドレスなら、様々な結婚式のドレスコード(服装のマナー)をクリアしたドレスのレンタルや、ドレスに合わせたバッグやアクセサリーもセットでレンタルすることが可能です。中には服装の相談ができるレンタルドレスショップもあるので、服装のマナーに不安がある方でも、参列する結婚式にぴったりのパーティードレスやワンピースを選ぶことができますよ。

Price List
料金一覧

ドレス単品

  • ¥4,800
  • ¥5,900
  • ¥6,900

ドレス4点セット

  • ¥7,900
  • ¥8,900
  • ¥9,900

ドレス3点セット

  • ¥6,900
  • ¥7,900
  • ¥8,900

ドレス2点セット

  • ¥5,900
  • ¥6,900
  • ¥7,900

シューズ販売

  • ¥6,900
  • ¥7,900

アクセサリー・その他販売

  • ¥1,900~
詳細をみる

Concept
コンセプト

一人でも多くの方を
ドレスで笑顔にする。

ドレスをただ着るという事だけでなく、シーンやその時の気分や季節、またシュチュエーションに応じたトータルコーディネートを提案しております。

詳細をみる

安心へのこだわり

  • 商品交換ができる
  • 最良の商品提供
  • 余裕のレンタルスケジュール
  • 汚したり壊した場合の補償



USER'S Voice
お客様の声

ドレカリのレンタルドレスをご利用いただいたお客様からのご感想、ご意見を掲載しています。ドレカリを良く知っていただくための参考にぜひご覧ください。

  • テキスト
一覧へ