drecari

結婚式パーティーや二次会のドレス・ワンピースのレンタルならdrecari(ドレカリ)

結婚式パーティーや二次会のドレス・ワンピースのレンタルならdrecari(ドレカリ)

Contents

特集

結婚式披露宴のドレス・ワンピース 「着るべきものが一目で分かる」
お呼ばれドレスの選び方&マナー全ガイド!

はじめに

結婚式や披露宴、二次会にゲストとしてお呼ばれすると嬉しいものですよね。仲の良かった知人が幸せそうにしている姿を見て、こちらも幸せな気分になれるものです。ここでは、そんな結婚式や披露宴にお呼ばれした時のマナーや服装のマナー、どんな立場でお呼ばれされているかによって気を付けなきゃいけない事など、意外と知らない結婚式や披露宴についてとことん解説していきますのでご参考にしてみてください。

もう何度か結婚式や披露宴、二次会に行った事のある方も今回初めてゲストとしてお呼ばれされた方も、わかりやすくご説明させて頂きます。

(1)周囲に褒められる!結婚式ドレス・ワンピースの選び方

①~デザインから選ぼう!~

結婚式披露宴にお呼ばれして、いざドレスやワンピースを選ぼうとなると、「どんなドレスにしたらいいの?」と困ってしまうことも。まず、ドレスの人気デザインを知って、自分が好きなシルエットを見つけることがドレス選びの第一歩です。

1.これを着れば間違いない!ドレスの王道「フィット&フレア」

「可愛い!」「スタイル良く見えそう!」と女性の中でも憧れが多いこの形のことを「フィット&フレア」といいます。ウエストがキュッと締まり、スカートがふんわり・・・ドレスのデザインの中でも一番ドレスアップ効果が高いシルエットです。結婚式ドレス・ワンピースの中では、まさに王道!初めてのお呼ばれや敷居の高い式場・ホテルでの結婚式など、どんなところへ着て行ってもまず間違いはありません。

切替の無いワンピースと着比べてみると一目瞭然!「フィット&フレア」のシルエットの方がスタイル良く、そして適度なフォーマル感もありますね。結婚式披露宴にはもちろん、謝恩会や成人式などにもぴったりです。

【フィット&フレア】

スタイル良く見える

スタイルアップフィット&フレアドレス
  • ・メリハリシルエットでスタイルアップ
  • ・結婚式に相応しいフォーマル度

【ふんわりAライン】

幼く見える

Aラインドレス
  • ・切替がなく、幼く見えがちに
  • ・デザイン次第では普段着のワンピースに近い印象になるので注意

結婚式披露宴におすすめのフィット&フレアドレス

美シルエットのフィット&フレアは、華やかで女性らしい印象を与えてくれます。結婚式にどのドレスを着たらいいの?と迷うときは、このデザインを選べば間違いなし!

  • 【4点セット】袖付きタックフィットアンドフレアドレス(ネイビー)SETA
  • 【3点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(サックス)SETB
  • 【4点セット】シャンタンウエストリボンドレス(ベージュ/M)SETB
  • 【4点セット】総レースチュールパニエ付きドレス(ベージュ)SETA

【大きいサイズ】結婚式披露宴におすすめのフィット&フレアドレス

大きいサイズの方は、体型が出ないように隠しがちですが、適度にメリハリのあるシルエットを選ぶとキレイに見えます。せっかくのドレスアップを楽しみましょう♪

  • 【3点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(Cグレー/5L)SETA
  • 裾バイカラーレースドレス(ネイビー)
2.可愛すぎるより、キレイめなら「大人ドレス」

結婚式披露宴でドレスアップはしたいけど、可愛い過ぎるのは苦手・・・。そんな方には、「可愛い」より「キレイめ」デザインの「大人ドレス」がおすすめです♪タイトめなスカートや、ドレープデザインなどで上品でエレガント。トレンドのデザインも多いため、王道のフォーマルなパーティードレスよりもこなれ感があり、大人のドレスアップを楽しめます。

【キレイめ大人ドレス】

大人っぽくキレイめに

キレイめ大人ドレス
  • ・可愛すぎないキレイめシルエット
  • ・30代以上の大人の女性にもおすすめ

【ふんわりAライン】

幼い印象に

Aラインドレス
  • ・ふんわりスカートでどちらかというと可愛い系
  • ・結婚式の王道スタイル

結婚式におすすめの大人ドレス・ワンピース

スカートがタイトめなシルエットのドレスを選ぶとキレイめな印象になります。ドレープデザインやビジュー、レースなどで華やかさもプラスして、大人っぽい結婚式お呼ばれスタイルに。

  • 【4点セット】衿ビジュープリーツタックドレス(アカ)SETA
  • 【4点セット】ウエストタックドレープドレス(グリーン)SETA
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【3点セット】バイカラーハイネックプリーツドレスSETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめの大人ドレス・ワンピース

ウエスト切り替えがありながら、ストンとしたシルエットのドレスは脚長効果もありキレイめな結婚式スタイリングになります。可愛く見えがちなボレロよりストール合わせの方がよりシャープな印象に。

  • 【4点セット】ラメドットロングドレス(ブラック/3L)SETA
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETC
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/3L)SETA
3.落ち着いた「丈長めドレス」

着丈97cm以上の丈長めドレスは、膝がしっかり隠れるものから、ふくらはぎくらいの丈のミモレ丈・ミディー丈のドレス、ロングドレスが含まれます。
会社の上司として結婚式に出席するなど、より落ち着いたドレスをお探しの方は、その中でもシックなデザインものを選ぶと良いでしょう。その他最近のトレンドとして人気なレース系ロングドレスをお探しの方におすすめのドレスもご紹介します。

●シックな丈長ドレス

落ち着いた装いで結婚式に出席したい時に使える、シックな雰囲気の丈長ドレス。フリルやリボンなどの装飾も目立たず、できる限りシンプルで、膝が隠れる丈のドレスを選ぶとシックな大人の装いを演出してくれます。

【シックな丈長めドレス】

落ち着いて見せたい時に

シックな丈長めドレス
  • ・膝丈のドレスに比べ、落ち着いたエレガントな印象に。
  • ・身長の高い方にもおすすめ。

【膝丈のドレス】

落ち着いて見せたい時は不向き

膝丈ネイビードレス
  • ・膝丈なので、可愛らしい印象に。
  • ・ふんわりスカートで若々しさが出ます。

結婚式におすすめのシックな丈長めドレス

デザインも控えめでシンプルなドレスを選ぶと、より落ち着いたコーディネートになります。深みのある色のドレスを選ぶと、カラードレスでも派手になりすぎず、着やすくなります。

  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(Cグレー/M)SETA
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/M)SETB
  • 【3点セット】七分袖セットアップ(ベージュ)SETA
  • 【4点セット】袖レースロングドレス(ボルドー/M)SETA

●トレンド感のあるロング・ミモレ丈ドレス

最近では、トレンドとしてロングやミモレ丈のドレスが年代を問わず人気♪ 特にレース素材でデコルテや袖に透け感があるデザインが人気です。丈が長くても抜け感があり、おしゃれで周囲と一歩差がつくドレスです。さらに、足も隠れて楽ちんなのが嬉しいポイント。トレンド感があると長く着れないので、レンタルでチャレンジするのもおすすめです。

【トレンド丈長めドレス】

おしゃれに差が付く

トレンド丈長めドレス
  • ・丈長めですが、レースなど透け感のある素材でトレンド感があります。

【シックな丈長め】

落ち着き重視

シックな丈長めドレス
  • ・同じ丈長めでも、シックで落ち着いたドレス。

結婚式におすすめのトレンドの丈長めドレス

レースや軽い素材のドレスは丈が長くてもどこか抜け感があり、女性らしい華やかさがアップ♪トレンド感もあり、周囲と一歩差がつくスタイリングです。

  • 【4点セット】パールベルト付きプリーツミディ丈ドレス(グリーン)SETA
  • 【4点セット】総レースパンツドレスSETB
  • 【3点セット】袖レースVネックドレスSETB
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/M)SETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめ丈長めドレス

大きいサイズの方には特に人気のある丈長めドレス。足も隠れて楽ちんなのに、キレイにドレスアップもできちゃいます。ウエストがゴム仕様で伸縮性があったり、後ろがレースアップでサイズ調節できるドレスを選ぶとおサイズも安心♪

  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブルー/LL)SETB
  • 【2点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/3L)SETA
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETC
4.便利な袖付きドレス・ワンピース

結婚式では肩の露出を極力控えたいですよね。ノースリーブのドレスにはボレロやストールを羽織ることが必須です。しかし、「コーディネートが分からない」「ボレロやストールを羽織ることがしっくりこない」などの理由から袖付きドレス・ワンピースを選ぶ方が多くなっています。ボレロやストールがずり落ちる心配もなく、1枚で着用できる袖付きドレス・ワンピースはとても便利なアイテムです。

【袖付きドレス】

一枚でOK

一枚でOK袖付きドレス
  • ・一枚でも肩や腕がしっかり隠れる優秀ドレス。

【ノースリーブドレス】

一枚で着用はNG、ボレロ必須

ノースリーブドレスにボレロのコーディネート
  • ・最近では、ボレロやストールがしっくりこないという方も。

結婚式におすすめの袖付きドレス・ワンピース

人気の高い袖付きドレス・ワンピース。しっかり腕が隠れる袖丈なら、羽織無しでドレス・ワンピース一枚で結婚式への出席もOKです♪寂しくならないように、ネックレスやバッグで華やかさをプラスして。

  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【3点セット】サイドタックケープ風ドレス(グリーン)SETA
  • 【3点セット】レーストップスドレス(サックス/M)SETA135D73MSETA3DBN
  • 【3点セット】袖付きフロッキープリントドレスSETA177D75MSETA3DBN

【大きいサイズ】結婚式におすすめの袖付きドレス・ワンピース

「気になる二の腕をしっかり隠したい」のご要望に応え、五分袖、七分袖のドレス・ワンピースをピックアップ。これなら羽織要らずで安心して結婚式で楽しめそう。丈が長めなのも嬉しいポイントです。

  • 【3点セット】袖レースロングドレス(グリーン/3L)SETB
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/LL)SETA
  • 【3点セット】シフォンウエストリボン袖付きワンピース(LL)SETA
5.ネットでもサイズ安心!!サイズ調整可能な「レースアップドレス」

結婚式披露宴でドレスを着る際、「サイズが合わなかったらどうしよう」など、ほとんどの方がサイズの心配をされています。そんな方におすすめなのが、サイズ調整可能なレースアップドレス。背中部分が編み上げになっており、紐の調節をすることでバストからウエストにかけてサイズを広げたり狭めたりできるドレスです。そのため、自分の体型に合わせて調節ができ、憧れていたきれいなシルエットが実現します。

①紐の調節

レースアップドレス着用方法・紐の調節
  • サイズ調節の方法は、まず、紐を広げて緩めてから着用し、靴紐の要領で体に合わせて紐を締めていきます。

②紐を結びます

レースアップドレス着用方法・紐を結ぶ
  • 体に合わせたら、紐をリボンで結びます。このドレスの場合、バストは76cm-98cmまでの22cm、ウエストは62cm-84cmまでの22cmも調節可能!

正面

レースアップドレス正面
  • 正面から見るとウエストがキュッと締まったキレイなシルエットに♪これなら自身を持って結婚式に参列できそう!

結婚式におすすめのレースアップドレス

試着ができないインターネットでのドレスレンタルでも安心のレースアップドレス。バストやウエストのサイズ調整ができるから、サイズの悩みも解決してくれます!

  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/M)SETA110D33MSETA
  • 【3点セット】サテンクリアビジューレースアップドレスSETA
  • シャンタンオフショルダーレースアップドレス086D72M
  • オーガンジーシフォンレースアップドレス

【大きいサイズ】結婚式におすすめのレースアップドレス

レースアップドレスの中でも大人っぽく着こなせるデザインをピックアップしました。スカートの広がりが控えめなので、大人っぽく着こなせるドレスです。

  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETC
  • コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/LL)
②~カラーで選ぼう!~

結婚式披露宴にお呼ばれして、いざドレスやワンピースを選ぼうとなると、「どんなドレスにしたらいいの?」と困ってしまうことも。まず、ドレスの人気デザインを知って、自分が好きなシルエットを見つけることがドレス選びの第一歩です。

1.一番人気のネイビー

ひとことで言えば、「間違いなし!」のネイビーは、結婚式ドレス・ワンピースの中では一番の人気カラーです。黒よりも華やか、でも、派手過ぎず知的で上品なネイビーは、どんなタイプの方でもどんな年代の方でも似合う万能カラーです。初めて結婚式にお呼ばれし、結婚式の雰囲気が分からなくて不安な方や、とりあえず浮きたくないという方にはぜひネイビーのドレス・ワンピースがオススメです。コーディネートの羽織や小物は明るいベージュやシルバーを合わせると良いです。 ここでは同じネイビーでもテイストの違うドレスをご紹介していきます。普段の好きな服装のテイストに合わせるも良し、今回の気分で普段とは違うテイストにチャレンジするも良し。お気に入りのネイビードレスを探してみてください!

●ネイビードレス 可愛い系

スカートがふんわり広がるシルエットや、リボンモチーフなど、可愛い系のデザインでもネイビーなら上品に仕上がり、人気の高いデザインです。
普段甘めのお洋服が好きな方にはぴったりのドレスです。

結婚式におすすめ可愛い系のネイビードレス・ワンピース

ふんわりとしたチュール素材や、ウエストのリボン、レースなど、女性らしい甘めのディティールがあしらわれたドレスをピックアップ。小物は明るい色のバッグや羽織をあわせると華やかさが出て結婚式にぴったりです。

  • 【4点セット】スソフラワーチュールドレスSETA070D75MSETA
  • 【3点セット】袖付きタックフィットアンドフレアドレス(ネイビー)SETC
  • 【4点セット】袖付きフロッキープリントドレスSETA
  • バイカラーレースドレス(ネイビー)

●ネイビードレス きれい系

黒だとキツく見えがちなキレイめなドレスも、ネイビーなら女性らしい柔らかさも出て、結婚式や披露宴の装いにぴったりです。
キレイめなドレスにはボレロ合わせもあいますが、ストールを合わせもより大人っぽい雰囲気に仕上がります。
普段パンツスタイルやシンプルな洋服が多い方は、キレイ系のドレスを選ぶと着やすいですよ。

結婚式におすすめキレイ系のネイビードレス・ワンピース

ストンとしたシルエットのドレスを選ぶと、可愛いすぎずキレイめなコーディネートに。30代以上の大人の女性にもおすすめです。

  • 【4点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【3点セット】パールベルト付きプリーツミディ丈ドレス(ネイビー)SETA
  • 【4点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(ネイビー)SETA
  • 【3点セット】サイドタックケープ風ドレス(ネイビー)SETA

●ネイビードレス 落ち着いた雰囲気

会社の上司として出席したり、親族として出席したりと、落ち着いた印象にしたい時のドレス・ワンピースにおすすめ。
少しかっちりとしたイメージのジャケットボレロを合わせればよりきちんと感を演出できます。
普段あまり足を出さない方や、30代後半~の大人の女性にもおすすめです。

結婚式におすすめ落ち着いた雰囲気のネイビードレス・ワンピース

少し丈の長めなドレスを選ぶとより落ち着いた雰囲気に。さらにきちんと感を出したい時はジャケット系を合わせるコーディネートがおすすめ。

  • 【3点セット】シャンタン衿タックIラインドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【3点セット】総レースパンツドレスSETA
  • 【4点セット】ジョーゼットサイドドレープドレス(ネイビー)SETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめネイビードレス・ワンピース

濃色のネイビーは、締まって見せてくれる効果もあり、大きいサイズの方には特に人気があるカラー。

  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETC
  • 【4点セット】ウエストリボンミディ丈ドレス(ネイビー/3L)SETB
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/LL)SETA
2.爽やかなベージュ

ベージュのドレス・ワンピースは肌映りが良く、明るく柔らかい雰囲気になり、結婚式などお祝いの席にぴったり。
ただし、結婚式や披露宴で着用する際は、全体的に白っぽく見えないかどうかチェックが必要。濃いめのベージュなどしっかり色のついたベージュは問題ありませんが、全体的にぼんやりして白っぽく見えそうな場合は、黒など濃い色の小物を合わせてメリハリを出すのがおすすめです。

小物を黒に

ベージュコーディネート良い例
  • 小物に黒を合わせると、メリハリが出てすっきりな印象に。

小物もベージュ

ベージュコーディネート悪い例
  • 淡いカラーのドレスに、ベージュの小物を合わせると、全体的にぼんやり。

結婚式におすすめのベージュドレス・ワンピース

明るく女性らしさを際立たせてくれるベージュ。お顔まわりも明るくなります。同系色でコーディネートしてもキレイすですが、白っぽく見えそうなら黒など濃い色の小物を合わせると結婚式にふさわしいコーディネートに。

  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/M)SETB
  • 【4点セット】シャンタンウエストリボンドレス(ベージュ/M)SETA
  • 【4点セット】ベルスリーブストレートドレス(ベージュ/M)SETA
  • 【3点セット】フレアスリーブレース切替ドレスSETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめベージュドレス・ワンピース

いつも落ち着いた色を選ぶことの多いなら、結婚式にはハレの日にぴったりの明るいベージュを選ぶのもおすすめです。

  • 【3点セット】シフォンウエストリボン袖付きワンピース(LL)SETA
  • 首周りビーズフリル袖ドレス(ベージュ)
  • コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/LL)
3.上品ブラック

ブラックのドレス・ワンピースは結婚式でもOKなカラーです。ベーシックカラーで人を選ばないので、人気のカラーです。
ただし結婚式で着る際の注意点は1つだけ。なるべく「全身真っ黒にならないようにすること」です。真っ黒は喪を連想させてしまい、お祝いの席では避けた方がベターです。その際は明るいカラーのベージュやシルバーの小物を合わせれば華やかさが出て結婚式にぴったりな装いになります。

小物は明るい色を

ブラックドレスコーディネート良い例
  • 黒ドレスの場合は、明るいカラーの小物を合わせて華やかさを出すと結婚式に相応しい服装に。

小物もブラック

ブラックドレスコーディネート悪い例
  • 小物までブラックにすると全身真っ黒になり喪を連想させるので避けた方がベターです。
                             

結婚式におすすめのブラックドレス・ワンピース

黒のドレス・ワンピースは上品な雰囲気に仕上がります。素材感のあるドレスや、明るい小物をあわせると黒いドレスも一気に華やかにドレスアップできます。

  • 【4点セット】サテンリボン付きフロッキープリントドレス(ブラック)SETA
  • 【4点セット】ビジュー付きラッフル袖ドレス(ブラック/M)SETA
  • カシュクールジャガードドレス(ブラック)
  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブラック/M)SETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめブラックドレス・ワンピース

安心感のある黒は普段着慣れないドレスでも着やすい色ですよね。シャープなブラックドレスには、ストールをあわせてカッコいいスタイリングに。

  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブラック/LL)SETA
  • 【4点セット】ビジュー付きラッフル袖ドレス(ブラック/LL)SETA
4.華やかカラードレス

ブルーやグリーンをはじめ、カラードレス・ワンピースは着るだけで気分も上がるドレスアップアイテム♪会場を明るくし、結婚式のお祝いの席にもぴったりです。
いつも同じドレスばかり着てしまっている方や、いつもと違うカラーにチャレンジしてみたい方は、レンタルをうまく使ってチャレンジしてみるのもありです。

結婚式におすすめのカラードレス・ワンピース

ブルーやグリーン系はカラードレスの中でも特に人気なカラー。同じブルーやグリーンでも淡めなカラーからパキっとした鮮やかなカラーなど様々ですので、お好みの色を見つけてみてください♪

  • 【4点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(サックス)SETA
  • 【4点セット】ジョーゼットサイドドレープドレス(グリーン)SETA
  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブルー/M)SETA
  • 【4点セット】袖付きタックフィットアンドフレアドレス(オレンジ)SETB

【大きいサイズ】結婚式におすすめカラードレス・ワンピース

ついついベーシックカラーを選んでしまいがちですが、結婚式のお呼ばれでドレスアップする機会があるなら、カラードレスにもチャレンジ♪淡い色より濃い色の方がトライしやすくおすすめです。

  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/3L)SETA
  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブルー/LL)SETA
  • 【4点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/LL)SETA
③~年代や立場別から選ぼう~
1.20代におすすめのドレス

可愛らしいドレスが似合う20代は、フィット&フレアのシルエットや可愛らしいデザイン、カラーで若々しいドレス・ワンピースがオススメです。初めての結婚式のお呼ばれで不安な方は定番のネイビーのドレス・ワンピースを選ぶと間違いなし!もう少し華やかな装いが好きな方は、パステルカラーなど20代だからこそ似合う淡いカラーのドレスも人気があります。

結婚式におすすめの20代向けドレス・ワンピース

20代だからこそ着こなせるカラードレスをメインにピックアップしました。レースやカラーなど20代ならではの少しキュートで若々しいドレスがおすすめです。

  • 【4点セット】総レースチュールパニエ付きドレス(ベージュ)SETA
  • 【4点セット】フラワージャガードドレスSETB
  • 【4点セット】タフタリボン付フィットアンドフレアドレス(オレンジ)SETA
  • 【3点セット】バックラッフルフリルドレス(ピンク)SETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめ20代向けドレス・ワンピース

軽い素材ならではの柔らかさや、裾にあしらわれたレースなど、可愛らしさをさり気なく取り入れたドレスをピックアップ。今しか着れないドレスはレンタルがおすすめです!

  • 裾バイカラーレースドレス(ネイビー)
  • 3WAY裾ツマミタックドレス
  • 【4点セット】ウエストリボンミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETA
2.30代におすすめのドレス

30代になると、20代の頃と違って少し大人っぽいデザインのドレスが似合う年ごろです。短すぎる丈や可愛すぎるリボンなど張り切り過ぎて浮いてしまうより、20代の頃と比べて大人の女性への変化を出せると好印象。結婚式のマナーをしっかり守りつつ、素敵なドレスアップを楽しみましょう♪
何度も結婚式披露宴に参列した経験がある方は、カラードレスもおすすめです。

結婚式におすすめの30代向けドレス・ワンピース

30代には、上品さと華やかさを兼ね揃えたドレスがぴったり。20代の頃とは少し大人のドレスアップを楽しめます。何度も結婚式に参列したことのある方はドレスにマンネリしがちならカラードレスにチャレンジしてみて♪

  • 【4点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(サックス)SETC
  • 【4点セット】パールベルト付きプリーツミディ丈ドレス(ネイビー)SETA
  • 【4点セット】ウエストタックドレープドレス(グリーン)SETA
  • 【4点セット】ウエストタックパール付タイトドレス(ピンク)SETB

【大きいサイズ】結婚式におすすめ30代向けドレス・ワンピース

膝が隠れるか出ているかで、印象はガラっと変わります。30代なら膝が隠れる丈を選ぶと一段とエレガントに。

  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(グリーン/LL)SETB
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/LL)SETA
3.40代~におすすめのドレス

40代のお呼ばれドレスのポイントは、露出を抑えシックなドレスを選ぶことです。
ご友人様の結婚式披露宴だけでなく、会社の後輩の結婚式や、ご親族の結婚式など色々な立場で出席する機会が増える40代では、どんなシーンでも短すぎない丈を選ぶことがポイント。丈が長めなだけでグッと落ち着いた印象になります。また、シフォンなど薄くて軽い素材よりも、ジョーゼットやシャンタンなどしっかりとした生地のドレスを選ぶと年相応なきちんと感が出ます。

結婚式におすすめの40代~向けドレス・ワンピース

親族としてご出席など、よりフォーマル感が必要なシーンではジャケットのスタイリングを選ぶとさらにきちんと感UP。カラードレスを選ぶ際は、ボルドーなど深みあのあるカラーが人気です。

  • 【4点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(ネイビー)SETB
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/M)SETB
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(Cグレー/M)SETA
  • 【3点セット】エスパンディハイネックコクーンドレスSETA149D15MSETA3DSB

【大きいサイズ】結婚式におすすめ40代~向けドレス・ワンピース

甥っ子様・姪っ子様の結婚式に親族として出席する機会のある40代~。大人の女性として、丈長めのドレスでエレガントなスタイリングがぴったりです。

  • 【4点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ネイビー/LL)SETA
  • 【4点セット】ラメドットロングドレス(ブラック/LL)SETA
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/LL)SETA
4.子連れママにおすすめのドレス

ついつい自分のことは後回しにしてしまいがちなママも、結婚式ドレス・ワンピースはしっかり選びたいところ。でも、小さなお子様連れで参列する場合は今までの着ていたドレスでは不便なことも。長時間の結婚式披露宴では、お子様を抱っこしたり膝に乗せたりする動作が出てくるため、見た目の可愛さだけでなく、動きやすさや安全性も大切なポイントになってきます。ママになっても快適で楽しいパーティーを過ごすための、子連れママならではのドレス選びのポイントを解説します。

ロングドレス

長すぎる丈

  • 小さなお子様連れの場合は、前かがみ姿勢や抱っこが多くなるため、長すぎる丈は危険!
レースドレス

レースなど繊細な生地

  • 小さなお子様が止むを得ずひっかいてしまうことも。
ビジュードレス

ビジューデザイン

  • 抱っこする際に怪我しそうなビジューは避けた方が〇。

ついつい自分のことは後回しにしてしまいがちなママも、結婚式ドレス・ワンピースはしっかり選びたいところ。でも、小さなお子様連れで参列する場合は今までの着ていたドレスでは不便なことも。長時間の結婚式披露宴では、お子様を抱っこしたり膝に乗せたりする動作が出てくるため、見た目の可愛さだけでなく、動きやすさや安全性も大切なポイントになってきます。ママになっても快適で楽しいパーティーを過ごすための、子連れママならではのドレス選びのポイントを解説します。

結婚式におすすめの子連れママ向けドレス・ワンピース

小さなお子様連れの場合は動きやすさもポイント!羽織がずり落ちたりする心配が無い、便利な袖付きドレスをピックアップ。なにか羽織る場合はストールよりジャケットボレロがおすすめ。ママらしい落ち着いた雰囲気も忘れずに。

  • 【3点セット】ベルスリーブストレートドレス(ベージュ/M)SETA
  • 【3点セット】サイドタックケープ風ドレス(グリーン)SETA
  • 【3点セット】サテンフリルガウチョパンツドレス(ブルー)SETB
  • 【4点セット】ジョーゼットサイドドレープドレス(グリーン)SETA

【大きいサイズ】結婚式におすすめ子連れママ向けドレス・ワンピース

ストールやボレロが要らない、袖付きドレス・ワンピースなら小さなお子様連れでも動きやすくて安心♪

  • 【3点セット】シフォンウエストリボン袖付きワンピース(LL)SETA
  • シャンタン衿タックIラインドレス(ネイビー/LL)111D75LL
  • 【4点セット】ウエストリボンミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETA
5.親族としてご参列の方におすすめのドレス

結婚式披露宴において、ご親族は新郎新婦とともにゲストをお迎えする立場にあたるため、ゲストのように華やかな装いよりも、控えめな装いがよいとされています。例えば、少し丈の長めのドレスや、ネイビーなど落ち着いた色のドレス、また、ジャケットボレロなどすこしかっちりとした羽織を合わせると親族に相応しい服装になります。しかし、控えめを意識しすぎて全身真っ黒の装いにするのは避けましょう。
ネイビーは親族として参列するドレス・ワンピースとして一番人気の色です。落ち着いた雰囲気がありながら、黒よりは明るい印象で親族として出席にぴったりです。

派手過ぎる装い

親族としては派手過ぎる衣装
  • 派手過ぎる色や短すぎる丈は、親族としては相応しくありません。

落ち着いた装い

親族としての装いに相応しい衣装
  • 控えめでありながら、地味過ぎず親族としての装いに相応しいコーディネート。

結婚式におすすめの親族向けドレス・ワンピース

ご親族として結婚式出席の場合に一番人気のあるスタイリングは、ネイビーのドレスにジャケット合わせ。親族に相応しい落ち着いた印象に。親族でもカラードレスにする場合は、ベージュやブルーが人気です。

  • 【4点セット】袖レースロングドレス(ネイビー/M)SETB168D75MSETB
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ネイビー/M)SETA
  • 【4点セット】コクーンシルエットレースアップミディ丈ドレス(ベージュ/M)SETA
  • 【4点セット】シャンタンサイドドレープレースアップドレス(サックス)SETB

【大きいサイズ】結婚式におすすめの親族向けドレス・ワンピース

丈が長めで上品な落ち着きのあるコーディネートは親族としての参列にぴったり。

  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/LL)SETA
  • 【4点セット】ウエストリボンミディ丈ドレス(ネイビー/LL)SETB
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(Cグレー/3L)SETA
6.受付・スピーチをする方におすすめのドレス

結婚式披露宴の受付やスピーチは新郎新婦の友人を代表としてゲストの前に出る、大切な役目です。頼まれたのも新郎新婦から信頼されている証。友人代表として、恥ずかしくない服装を選びましょう。基本的にはマナーをしっかり抑えていればOKですが、次の2点を守ると更に良くなります。
●「黒以外のドレスを選ぶ」
黒のドレス自体はマナー違反ではありませんが、大勢の前に出てお祝いのスピーチをする場合、服装もハレの日にぴったりの明るい雰囲気にしたいところです。受付をする場合も、新郎側担当の受付男性はスーツですので、横に並ぶ際は明るい色のドレスの方が華やかな受付になります。
●「ストールよりボレロを選ぶ」
こちらもストールがNGな訳ではありませんが、受付で何度もお辞儀をしたり、前に出て何分かスピーチする際、ずり落ちやすいストールだと不便なことも。しっかり羽織ることのできるボレロタイプの羽織の方が安定感があり、着崩れしにくくキレイに着用できます。

黒のドレスやストール

黒ドレスのコーディネート
  • 黒のドレスは無難ですが、特別な役の場合はもう少し華やかさがあった方が〇。ストールも着崩れしやすいです。

明るい色のドレスにボレロ

結婚式の受付やスピーチにおすすめのドレス
  • 受付やスピーチで華を添えるにはぴったり。

結婚式におすすめの受付・スピーチ向けドレス・ワンピース

前に出る受付やスピーチはきちんと感のあるテイストを選ぶと好印象です。ボレロやジャケットの羽織にしたり、袖付きのドレスにすると、お辞儀や動作があっても着崩れせず、いつでもキレイな振る舞いができます。

  • 【4点セット】ウエストタックドレープドレス(グリーン)SETA
  • 【4点セット】パールベルト付きプリーツミディ丈ドレス(ネイビー)SETA
  • 【4点セット】フラワージャガードドレスSETB159D73MSETB
  • 【3点セット】フレアスリーブレース切替ドレスSETA165D33MSETA3DBN

【大きいサイズ】結婚式におすすめの受付・スピーチ向けドレス・ワンピース

前に出る役目のある受付やスピーチの場合は、会場に華を添える意味でもカラードレスがおすすめです♪

  • 【3点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブルー/LL)SETA
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/LL)SETA
~④結婚式披露宴のシーズンから選ぼう~

結婚式披露宴のドレスやワンピースは季節によってどれにしようか迷いますよね?
実はドレスやワンピース自体の素材は、1年を通してほとんど変わらないものが多いです。では、どうやって季節らしさを演出していけばよいでしょう?
ポイントは”ドレスのカラー”と”コーディネート”です。このドレスのカラーと羽織を上手にコーディネートして、その季節に相応しい服装を心がけましょう!!

1.春夏シーズン

春らしいカラーのドレスや明るい色のボレロやショールを合わせて、春夏らしい爽やかな印象のコーディネートをしましょう!

明るいカラーで春夏にぴったり

春夏におすすめ明るいグリーンのドレス
  • 春らしいミントグリーンのカラーのシフォンドレスで春にぴったりの爽やかさ。

起毛素材は重々しい印象に

春夏には向いていないドレス
  • 起毛感のある素材は春夏より秋冬がおすすめです。

結婚式におすすめの春夏向けドレス・ワンピース

春は淡めのカラー、夏はハッキリとした鮮やかなカラーのドレスを選ぶと季節感を出しやすくなります。春夏とはいえ、露出は控えマナーを守って上品なコーディネートに仕上げるのがコツです。

  • 【3点セット】オフネックレース付きジョーゼットワンピースSETA
  • 【4点セット】ジョーゼットサイドドレープドレス(イエロー)SETA
  • 【4点セット】袖付きタックフィットアンドフレアドレス(オレンジ)SETA
  • 【4点セット】サテンフリルガウチョパンツドレス(ブルー)SETB

【大きいサイズ】結婚式におすすめの春夏向けドレス・ワンピース

春は柔らかいカラーのドレス、夏は爽やかなブルーなど涼し気な色のドレスを選ぶと季節感を出しやすくなります。

  • ビジュー付オーガンジー切替ドレス(ピンク/3L)109D123L
  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(ブルー/3L)SETA
2.秋冬シーズン

秋や冬はパステルカラーのような薄めのカラーは避けて、しっかりとした色目のドレスやワンピースを選びましょう!
ボルドーやブルーグリーン等のカラーは秋冬シーズンでは非常に人気のカラーです。
寒いからといってリアルファーは避けておいた方が良いでしょう。

ボルドーで秋冬らしく

  • ボルドーは秋冬に人気のでるカラー。ハリのあるタフタ素材で秋冬らしいコーディネート。

リアルファーはNG

  • リアルファーは殺生の点から結婚式では避けましょう。

結婚式におすすめの秋冬向けドレス・ワンピース

淡い色より深みのあるカラーや、厚手の生地のドレスを選ぶと季節感を出しやすくなります。レースなどクラシカルなデザインのドレスも似合う季節です。

  • 【3点セット】サテンフリルガウチョパンツドレス(グリーン)SETA
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/M)SETB
  • 【3点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/M)SETA
  • 【4点セット】総レースチュールパニエ付きドレス(ブラック)SETB

【大きいサイズ】結婚式におすすめの秋冬向けドレス・ワンピース

ドレスの色を深みのある色にするだけでグッと秋冬らしさが増し、寒い季節の結婚式にもぴったりのコーディネートに。

  • 【4点セット】シフォンラッフルフリルロングドレス(グリーン/3L)SETB
  • 【4点セット】タフタフラワー刺繍ドレス(ボルドー/3L)SETB
  • 【4点セット】シフォン七分袖ロングドレス(ブラウン/3L)SETA

(2).結婚式の一般常識・マナー

①結婚式・披露宴・二次会の違いを確認しよう

結婚式披露宴にお呼ばれして、いざドレスやワンピースを選ぼうとなると、「どんなドレスにしたらいいの?」と困ってしまうことも。まず、ドレスの人気デザインを知って、自分が好きなシルエットを見つけることがドレス選びの第一歩です。

(1)結婚式とは、、、

そもそも結婚式とはどういったものなのでしょうか?結婚式は挙式とも言われます。ここで注意したいのは、結婚式(挙式)と披露宴は別のものです。結婚式とは色々な種類がありますが、誓いの儀にあたります。教会式やチャペル式、神前式や人前式、仏前式等があります。神様や仏様の前、またはゲストの前で結婚の報告をするものです。

ここで気を付けたいのが、この結婚式挙式から参加するのかどうか?場所の関係や新郎新婦との関係、式のスタイルによって挙式から呼ばれているのか、披露宴から呼ばれているのかをきちんと見ましょう!※大概の場合結婚式挙式から参列する場合、招待状に記載してあります。

結婚式で祝福される新郎新婦
(2)披露宴とは、、、

披露宴とはゲストを招いての新郎新婦のお披露目の場になります。お食事やお酒でおもてなし、余興やスピーチで盛り上がるお披露目パーティーの意味合いがあります。ただ、二次会のパーティーとは全く別物なので、服装のマナーや結婚式披露宴のマナーはきちんと守りましょう!

招待状に挙式からご参列ください等のお誘い文章がない場合は、お呼ばれゲストはこの披露宴から参加になります。またご親族として参列される方は披露宴ではおもてなしをする側になります。おもてなしする側が派手な服装になりすぎない様注意しましょう!

披露宴会場
(3)二次会とは、、、

二次会とは結婚式披露宴にご招待できなかった方々に、新郎新婦のをお披露目するパーティーになります。結婚式披露宴にも呼ばれている方々もたくさんいますが、基本的には親族や主賓の方々ではなく近い友人知人を中心とした方々にお披露目する楽しいパーティーになります。

この場合服装マナーは結婚式披露宴ほど堅苦しくないものでも大丈夫な事が多いです。あくまでも近い友人知人と楽しく過ごすパーティーなのでワイワイとみんなで盛り上がるパーティーの方が思い出に残って良いですよね。

二次会会場
②.結婚式(挙式)の種類
(1)教会式、チャペル式

もっともポピュラーな挙式になります。花嫁がベールダウン(邪悪なものから守る意味)をして、祭壇前で待つ新郎のもとへバージンロードを父親(もしくは育ててくれた方)と歩いていきます。生まれてからの人生を一歩一歩辿る様に、新郎のもとへバージンロンロードは歩く姿は、感動的でとても素敵ですよね。

参列するゲストはそんな二人の神への誓いを聞く証人になります。二人の永遠の愛の誓いの証人になり、最後はフラワーシャワーで新郎新婦を祝福しましょう!

神聖な教会
(2)神前式

日本の伝統的な挙式のスタイルあたるのが神前式です。基本的には、「家族と家族の絆」を結ぶ儀式になりますのでご親族が参列し、友人知人のゲストが参列はしないとされています。しかし、最近は友人知人のゲストも参列できる神社等が増えてきているようです。

この神前式には、花嫁行列とういう白無垢を着た花嫁が行列を作り厳かな雰囲気で歩く姿は、日本人なら誰でも憧れる素敵なシーンです。

厳かな花嫁行列
(3)人前式

ゲストが親族、両親の前で結婚の誓いを立てる儀式になります。神父や斎主がおらず自由な新郎新婦らしい誓いの立て方ができるものになります。新郎新婦からの特別なオーダーがない限りは、他の挙式同様の服装のマナーが必要になります。参列するみんなが結婚の証人になる、とは言っても自由な挙式になりますので、楽しい雰囲気で祝福しましょう!

人前式で結婚誓約書にサインする新郎新婦
(4)仏前式

文字通り仏様の前で行う伝統的な挙式になります。仏教の教えの輪廻転生にあるように、生まれ変わってもまた結ばれるとういう意味があるそうです。新郎又は新婦に馴染みのあるお寺やご自宅の仏壇の前等で行う挙式になり、基本的には親族のみで行うことが多いようです。また数珠持参等の他の挙式にないマナーがあります。数珠持参の場合は招待状に記載されている事が多いようなので、招待状の文章をきちんと読まれると良いでしょう!

仏前式
③.結婚式お呼ばれの一日スケジュールはこんな感じ
結婚式招待状
1.事前にすること

~招待状の返信~

まず結婚式披露宴に招待されると招待状が届きます。招待状の返信はできる限り早く返しましょう。その際、

・挙式から参列か披露宴から参列か確認する

※挙式から参列の場合別途挙式への参列をお願いする案内が入っています。
挙式からの参列と披露宴からの参列は、スタート時間が若干違いますので調べておきましょう!

・招待状の返信をする

必ず黒いペンを使って返信しましょう!
表面…表面には○○行と書いてありますので、”行”を定規できちんと二重線を引き○○様と記入しましょう!
裏面…裏面のすべきことは2つです。
1つ目→”ご”や”御”と記載されている部分を、定規で丁寧に二重線を引いて消しましょう!
2つ目→メッセージを書きましょう!
(例)ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。
※新郎新婦は出欠のとりまとめ、席次の決定、引き出物の準備等大忙しです。招待状は遅くとも1週間以内に返信するようにしましょう。

・会場、スタート時間を確認する。

会場は正確に把握し、事前に家からの所要時間、駅からの所要時間を調べておくと良いでしょう!
当日は余裕をもって行動できる様心がけましょう!

・結婚式披露宴用の服装の準備

結婚式披露宴の参列に欠かせないのが、服装マナーにあったドレスワンピース等の準備です。
この服装マナーにはドレスワンピースだけではなく、ボレロやショール、パーティーバッグ、ネックレス、シューズ、ストッキング等も必要になります。普段着慣れないものばかりですが、ポイントを押さえて楽しく準備をしましょう!

・結婚式披露宴の参列する立場によって気を付けたい事

結婚式披露宴の服装マナーには、どの立場でお呼ばれされていいるかが大きなポイントになります。
特に注意したいのは、会社関係の席に座り主賓と同テーブルに座る時、受付係をお願いされている時、ご親族として参列する時友人代表としてスピーチをお願いされている時等です。

・友人として参列する場合…結婚式披露宴の中では比較的自由にマナーを守りながら、自分らしくコーディネートしましょう!

・会社の先輩・後輩として参列する場合

・友人代表としてスピーチする場合

・受付係をお願いされている場合

・結婚式披露宴の当日

持ち物…当日の持ち物は大丈夫ですか?もう一度おさらいしましょう!

  • ・ご祝儀
  • ・袱紗
  • ・ドレス・ワンピース、ボレロ・ショール、パーティーバッグ、ネックレス、シューズ、ストッキング
  • ※会場で持つ荷物が多い方には、パーティー用のサブバッグ等がおすすめです。
  • ・カメラ、携帯で撮る場合は充電器等もあるとよいでしょう。
  • ・財布、化粧ポーチ、ハンカチ等

会場へ…会場までの道のりは大丈夫ですか?ホテル名等似通った名前もあるので注意しましょう!

  • ・最寄りの駅から会場までの距離がある場合、会場で履くシューズ以外にローヒールの歩きやすいもので行くと良いでしょう。
  • ・寒いシーズンの結婚式披露宴の場合コートが必需品です。

~ヘアセットの美容室の予約~

器用な方は自分でヘアセットをする方も居ますが、自身の無い方はやはりプロにお願いしましょう。ヘアスタイルが短い方もヘアセットをするしないでは、仕上がりに大きな差が出ます。特に朝からの挙式に参列する場合は、早朝対応をしている美容室でないと時間が間に合わないことも。直前になって焦らないように、事前に確認して予約しておきましょう。

2.一日の流れ

結婚式披露宴のゲストから見た一日の流れを見ていきましょう。

~ヘアセット~

いよいよ当日のスタートです。通常は着替えた後にヘアセットすると髪が崩れないのでおすすめです。
日取りが良い早朝は結婚式のヘアセットで混み合う美容室もあるので時間の余裕を持てると良いですね。

~会場へ到着~

遅刻は厳禁です。余裕を持ったスケジュールで行動しましょう!
まず会場へ着いたらクロークへコートや私物を預けましょう。ここで注意したいのは、会場で持ち運ぶもの(ご祝儀、カメラ、化粧ポーチ、財布等)まで預けてしまわない様にしましょう。

~挙式前~

基本的には案内に従ってウエイトルームなどの場所で挙式を待ちます。
挙式前にウェルカムドリンク等のサービスがあるところが多いと思いますが、挙式の時間前に進行係の方から挙式場への案内があると思います。指示に従いスムーズに行動できるようにしましょう。

~挙式会場へ~

挙式会に着くと着席し花嫁を待ちます。いよいよバージンロードを歩く花嫁の登場です。進行表が席にあると思いますので把握しながら、カメラ等の準備を忘れずに。

~挙式中~

挙式が厳かに行われます。終了後は神前式だとフラワーシャワー等があります。フラワーシャワーと共にめいっぱい祝福をしましょう!

~挙式後披露宴会場へ~

挙式後に今度は披露宴会場へ向かいます。向かったらまず受付けを済ませましょう。ここでご祝儀をお渡しし、ご芳名帳に自分の名前を記入します。
披露宴から参列される方はクロークで荷物を預けて、受付を済ませウェルカムドリンクでのんびりしましょう。
受付時に披露宴の席次表を貰います。自分の席を確認しておきましょう。

~披露宴中~

結婚式披露宴は新郎新婦のゲストへのお披露目会です。たくさんの祝福でお二人を盛り上げましょう。
席次表を見てご親族や古い知人友人、お世話になった方への挨拶もすると良いでしょう。
披露宴の終わりは新郎新婦のお見送りがあります。気持ちいっぱいの祝福を伝えながら、長くなりすぎないようにしましょう!

~披露宴後~

新郎新婦のお見送りが終わると披露宴も終了です。

(3).結婚式披露宴服装マナーのグレーゾーンに応える

結婚式披露宴の服装マナーを調べると非常に多くのマナーが出てきます。本当に気つけたいマナーから、少し厳しめに書いてあるものも見受けられます。ここでは本当にやってはいけないマナーから、そこは大丈夫でしょう、というグレーゾーンまでを紹介していきます。

~ドレス・ワンピースこれはマナー違反だよ編~

1.白いドレス

ゲストの白ドレスは絶対にNG

結婚式に不向きな白いドレス

この白いドレスは絶対にダメです。なぜならば白いドレスは主役である新婦が着る色だからです。結婚式披露宴は主役である新郎新婦のお披露目会になります。お呼ばれゲストはあくまでも招待された側で主役ではないからです。

2.露出が高めのドレスや派手すぎるドレス

この露出が高めのドレスや派手すぎるドレスは、目立つのでやめましょう。まるで主役の座を奪うのかと思われるような露出や派手なドレスはひんしゅくを買います。結婚式披露宴は新郎新婦のご両親、ご親族、会社の上司等様々な方がいらっしゃいます。そのお披露目会に呼ばれたゲストとして目立ちすぎる服装は控えましょう!

3.ファーやアニマル柄

リアルファー

     結婚式に不向きなリアルファーのコーディネート

ファー物は殺生をイメージするものだからマナー違反、という話をよく聞きます。正直これはマナー違反というより、昨今の動物愛護の観点からお祝いの場にふさわしくないという点で控えておいた方が良いでしょう。この業界の30年を見ていると、日本では約10年前まではファーのボレロは良く売れていました。その頃に殺生をイメージするからマナー違反なんて言われていませんでしたが、ここ10年で急速にマナー違反と言われる様になりました。時代は変わり動物愛護を常識として捉えるならば、マナー違反というより当然の常識としてお祝いの場にふさわしくないと考えておいた方が良いでしょう。

4.ミュール、サンダル

つま先かかとの出るサンダル

結婚式に不向きなサンダル

結婚式披露宴は新郎新婦のお披露目会で正装が基本とされています。二次会等ならまだ良しとされますが、正装が基本の結婚式披露宴では露出の多いミュールやサンダルではなく、きちんとしたつま先の隠れたパンプスを履きましょう。

5.極端に普段着っぽいワンピース

二次会パーティーとは違い、正装が基本の結婚式披露宴では極端に普段着っぽいワンピースは控えましょう。
そもそもワンピースとドレスの違いは?
正確に言うとワンピースは上下つながっている服の総称です。その中でより正装感のあるものをドレスと呼んでいます。
では、なにが違うのでしょうか?
ドレスは結婚式披露宴に向けたきちんと正装として通用する服装なので、よりフォーマル感のある素材で作ります。普段着るようなカットソーの素材でもシフォンでも花柄やペイズリーといった普段使いのワンピースは控えましょう。迷った時は結婚式披露宴用にあらかじめコーディネートされているものを選ぶと良いでしょう!

~結婚式披露宴服装マナーのグレーゾーンに応える~

結婚式披露宴用ドレスのグレーゾーン解消法

1.オフベージュってどこまでOK?

良くお客様から聞かれる「オフベージュ」って実際はどうなんでしょう?
とても爽やかな印象になるベージュは結婚式披露宴には欠かせない色です。あまりに薄いオフベージュは避けておいた方が良いですが、綺麗なベージュを上手くコーディネートで着こなす事で披露宴自体が爽やかで華やかな印象になります!

濃いベージュのドレス

  • 濃いめのベージュなら心配しなくても大丈夫!
小物がオフベージュのコーディネート

  • オフベージュはボレロやバッグなど小物での使用ならOKの範囲です。
結婚式に不向きな全体的に白ドレス

  • 全体的に白くみえてしまうようなオフベージュは避けましょう。
バイカラードレス

2.バイカラーってどうなの?

バイカラーを心配されるお客様もたまにいらっしゃいますが、基本的には問題ないドレスになります。1枚で着てもおしゃれ感がアップするバイカラードレスを上手にコーディネートして楽しみましょう!

3.黒ドレスってダメなの?

黒いドレスがダメって書いてあるサイトも見受けられますが、はっきり言って全く問題ありません。実は10年程前までさかのぼると一番売れている色はブラックでした。ただ気を付けなきゃならないのは、お呼ばれされた方がみんな暗い色のドレスを着るとおめでたいお披露目会がお葬式の様に暗い印象になってしまします。今一番人気のネイビーでも実は同じ事で、参列者全員が無難にネイビーを着てしまうと、とっても暗い印象で後で集合写真を見ると本当に披露宴?と思ってしまうことも、、、
ブラックでもネイビーでも上手にコーディネートして、上品で華やかなコーディネートを心掛けましょう!

4.パンツドレスってどうなの?

最近人気のパンツドレスは服装のマナー違反というこはありません。結婚式披露宴用の正装として相応しいものであれば、パンツスーツでもOKです。ただ、中には普段着に近いパンツドレスもありますので、カジュアルになりすぎないパンツドレスを選ぶことが重要です。おすすめのパンツドレス

【4点セット】総レースパンツドレスSETB
【3点セット】サテンフリルガウチョパンツドレス(グリーン)SETA
【4点セット】サテンフリルガウチョパンツドレス(ブルー)SETC
【3点セット】七分袖セットアップ(ベージュ)SETA
ハイネックオールインワン(ベージュ)

5.ストッキングってどこまでOK?

結婚式披露宴の服装マナーでよく話題にあがる「ストッキング」ですが、ベージュ系の無地ものを選んでいれば大丈夫です。二次会やパーティーでは黒や柄やラメが入っていても問題ありませんが、あくまでも正装という事になれば肌色に近いベージュが最も良いでしょう。また、ラメ入りはダメ?という話がありますがギラギラしたラメではなく、上品なラメであれば問題ありません。

結婚式にはベージュストッキング

ベージュストッキング

  • 結婚式や披露宴は基本ベージュのストッキング。上品なラメならOK。
結婚式には不向きな黒ストッキング

黒ストッキング

  • 結婚式や披露宴では黒ストッキングはNG。二次会ならOK。
結婚式に不向きな柄ストッキング

柄ストッキング

  • 柄ストッキングは結婚式披露宴では避けましょう。

Price List
料金一覧

ドレス単品

  • ¥4,800
  • ¥5,900
  • ¥6,900

ドレス4点セット

  • ¥7,900
  • ¥8,900
  • ¥9,900

ドレス3点セット

  • ¥6,900
  • ¥7,900
  • ¥8,900

ドレス2点セット

  • ¥5,900
  • ¥6,900
  • ¥7,900

シューズ販売

  • ¥6,900
  • ¥7,900

アクセサリー・その他販売

  • ¥1,900~
詳細をみる

Concept
コンセプト

一人でも多くの方を
ドレスで笑顔にする。

ドレスをただ着るという事だけでなく、シーンやその時の気分や季節、またシュチュエーションに応じたトータルコーディネートを提案しております。

詳細をみる

安心へのこだわり

  • 商品交換ができる
  • 最良の商品提供
  • 余裕のレンタルスケジュール
  • 汚したり壊した場合の補償



USER'S Voice
お客様の声

ドレカリのレンタルドレスをご利用いただいたお客様からのご感想、ご意見を掲載しています。ドレカリを良く知っていただくための参考にぜひご覧ください。

  • テキスト
一覧へ